カテゴリー「浜田雅功話」の72件の記事

2013年6月25日 (火)

ハマ・オカモトが※フェンダーとエンドース!

20130621_hamaokamoto_01

浜ちゃんの息子のハマ・オカモトがフェンダー社とエンドースしたらしいですね。

すごい.....。

親の七光りの届かないところで認められましたね。

確かにベースのプレイは以前から素晴らしかったです。
親が大物芸能人だから、一般人よりも良い環境で才能を磨くことが出来たと言う人もいるかもしれないけど、実際そんなことで磨くことが出来るレベルなんてたかが知れていると思います。

やはり本人の才能があったということが証明されたんでしょう。

こんなに認められても、世間では絶対に七光りとか言われます。
それも受け入れて成長していっているハマ・オカモトに拍手!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

息子との対談。

話題的に少し古くなりましたが、
「ハマ・オカモトのRADIPEDIA」で浜ちゃんと郁未.....、
いや、ハマ・オカモトの親子対談がありましたね。

どことなくぎこちない感じが伝わって来るんだけど、
それ以上に浜ちゃんってうれしいんだろうなというのが伝わって来るんで、
聴いてる方もうれしくなってきます。

それにしても、ハマ・オカモトは良い感じの大人になったなぁ。

Pic130103002

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

良いベーシストになってますね!

最近TVでも見かけるようになったOKAMOTO'S。

このOKAMOTO'Sのベースが、何を隠そう浜ちゃんの息子「郁未」なんですよね。

このときの話題にもなっていました。

演奏を見ていると、かなりの腕前!

流れるような指さばきに、文句のないグルーヴ感。

まだ若いのにすばらしいベーシストですね。

でも、演奏を見るたびに、このときの「放送室」を思い出してしまって、

ちょっとニンマリしてしまいます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

放送室 第391回 2009年03月28日

PhotoPhoto_6「どうも~、マッチャンダイル・ダンディーで~す」

「どうも~、御影のマーガレット、高須三枝で~す」

memo 内容391_1

放送室最終回。
・松本「391回ってのもまた端数ですねぇ、先週で終わった方が良かったんじゃないですか?」。
・放送始まって7年半、汚いスタジオに移ってから7年。235
・2分で「コイツうざい」って言われた坂本。
・リニアモーターカーで40分。
・青木アナ「坂本さんにとって笑いとは?」坂本「解りません」。
清水が偉くなっている。
・放送室が終わって、1番喜んでいるのは清水。
・ボッタクリバーの店員が清水だった。
・ヘイポーがペアルックでDVDを借りている玉置浩二と石原真理子を目撃。
・ちょーさん還暦。
・大輔の扱い方。
・ほっしゃん。と石田はデカい。
・子供のとき、オモロくないオカンがうらやましかった松本。
・「普段はオカンになんて呼ばれてんの?」。Photo
・浜田の顔はしじみの中身。
・グラサンの浜田は笑える。
・サットンの話は明るく思っておこう。
・「全然面白くなかった」と言った高堂さん。
・被害チリ毛妄想。
・みんなどれだけのプレッシャーで「ごっつ」やってたか。
・自分で情熱を持っているかどうか。
・大阪NSCの入学者だけで600人。
・松本人志を簡単に羨ましがんなやぁ。
・50まで映画をやっていきたい。自然体で好きなものをやっていく。
・次のライバルは?。
・「ゼンゼンカマヘーン」。
・「放送室」をやめる発表から、ブログの書き込みがすごい。
・高須「またどこかで始めましょう」松本「そうですね」

memo 雑記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

放送室 第388回 2009年03月07日

PhotoPhoto_6「どうも~、松ちゃんレーンで~す」

「どうも~、ひ~ふ~みつよしで~す

memo 内容

・心の中でウンコをしているから静かにして欲しい。
・「人志松本の○○な話」がフジテレビで始まる。
・「松本見聞録」が「ガキ」と重なっていた。
・7年続いた「放送室」も終わる
・「プレイボーイ」の連載も終わる。
・毎週松本自身の個人情報を言うような番組を一旦止めてみたくなった。
自殺するヤツの話で騒がれたことは大きい。
・復活する可能性は高い。
・高須「止めるきっかけがないんですよね」松本「フジテレビの○○の離婚と一緒なんですよね」。
・400万に拘る松本。
・最近、桂枝雀さんの落語を見ている松本。
・家でテレビを垂れ流すことがなくなった松本。
・落語はしばらく笑いがなくても耐えられる。
・山崎がiPodに入れてくれたけど、途中にサザンや中島みゆきなどが入っていた。
・「R-1」の審査員に、お笑いと関係のない江川達也とかがいるのが解らない高須。
・松本「キングオブコントは絶対長いですよね「C-1」ですよね」。
・藤山寛美や桂枝雀のように松本人志はならなければいけない。
・枝雀さんが亡くなったのは、落語の中の首吊りの稽古ではないかと言う説。
第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「おくりびと」。
・良い映画だから賞を取ったのに、賞を取ったから良い映画にされていることに不満。
”作っていかなければいけない”
・自分の映画でも、笑い以外はどうでもよくなってしまう松本。
・”間”は拘るが全体がいい加減なので、高須が修正したくなる。
・風呂上りは外に出てお祈りをする高須。松本「アホやからね」。
・会議中、「臭くないですか?」と言われて、ドキドキしてしまった高須。
・「ガキ」の満員のロケバスの中なのに、タバコを吸っていた浜田や遠藤smoking
・品川の映画「ドロップ」を観た松本の感想を気にする品川。
・映画祭の審査員を頼まれたけど断った松本。

memo 今週の一曲

388_2  『どうぞこのまま』 丸山圭子

黄昏めもりい Music 黄昏めもりい

アーティスト:丸山圭子
販売元:キングレコード
発売日:2002/09/04

Amazon.co.jpで詳細を確認する

memo 雑記

十八番(おはこ) [DVD] DVD 十八番(おはこ) [DVD]

販売元:EMI MUSIC JAPAN
発売日:2009/04/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月28日 (土)

放送室 第387回 2009年02月28日

PhotoPhoto_6「あ、どうも~、松ちゃんエンプティーです」

「どうも~、定額高須金で~す」

memo 内容

・普通に来たゲストに、「でも、乳はデカいなぁ」なんて言ってしまう浜田。
・でも何度もお店の人に、「すみません、ありがとうございます」と言う浜田。
・「●●●した後、裸でいたから風邪ひいたん?」とか言う浜田。
・卵かけご飯がある定食屋で何度も鼻をかむオッサン。
・モスキートーンが聴こえるのに、自分の大きな声が聴こえない人。
・アイロンが熱いという苦情。
”こんな熱い味噌汁~飲めるかぁ~ と、お父ちゃんが怒鳴る~ 味噌汁は熱いに決まってます~ と、お母ちゃんは叫ぶ~ なんでこないに.....notes
・「何の100円がいるんですか?」と言ってきたタテモリのオカン。
・松本お勧め料理(上海醤油焼飯)をちょっとだけ食べて、おにぎりに「オレ、もういいわ」と言った山崎。
・高須の弟子「今、●●という作家が日本で一番面白いと聞いてるんですよね」。
・キレることができない言葉の暴力。
・潔癖症の今田。
・女「どうして芸人になったんですか?」ヒノキ「コイツに憧れたからや」。
・高須が、これはできないと思った、松本のイチゴの食べ方。
・「しゃべくりセブン」の紳助さんの回が面白かった高須。
・志村さんと3時間エロ話ばかり聞かされた高須。
・凹んだ有田。
・「だいじょうぶだぁ」の1本の値段。
・高須「石原裕次郎さんとかの時代がエエなぁ~」。

memo 今週の一曲

387 『浪花節だよ人生は』 細川たかし

心のこり/浪花節だよ人生は Music 心のこり/浪花節だよ人生は

アーティスト:細川たかし
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2003/11/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

memo 雑記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月31日 (土)

放送室 第383回 2009年01月31日

PhotoPhoto_6「あ~、どうも~、松ちゃん消防隊です」

「どうも~、アンテナ良し、テレビ良し、オレ光聖.....です

memo 内容383_4

「金スマ」で森進一の顔アップは確信犯
・「紅白」を見る人の気が知れない松本。
・今年の初詣の数がすごかった。
・神棚を買おうと思っている高須。383
・神棚は仏壇屋に売っている。
・東向きにしないといけない。
・門松を見て神が立ち寄ってくる。
・お供え物に食べ物を粗末にするなというクレームはない。
・コントで使う食べ物は、笑いの神に奉納していることにならないのか?。
・松兄から「社会~的シンガー」と銘打って年賀状が届く。
・松本の映画は秋ごろ。
・お笑いブームが長く続いているけど、メンバーは入れ替わっている。
・生沼が掲げた「吉本の必勝パターン」。
・1度売れて、2度目売れるには15~20年かかる。
・高須「不景気ですね~」。
・CX50周年を見ると、うらやましいものばかり。
・「スター千一夜」の最終回はものすごいゲストだらけ。
・「ドリームマッチ」はいろんな芸人が出たらいい。松本「全然門閉じてないですからね」。
・審査員もすごいメンツでやればいい。
・本当に面白い番組を作るんだったら、ギャラはいらないと思っている松本。
・高須「”どないやね変”やな」松本「.....何?それ.....初めて聞いた」。
・防災グッズを置いておこうと思う松本。松本「でも、高いんですよsign03annoy
・「ダイ・ハード」でミツヨシ・ウィリスだったら、枕カバーで靴を作る。
・天下りの渡りが何で許されるか解らない。
・浜田も府知事を考えているかも。松本「でも現時点で汚職芸人ですから」。
・芸人からもっと知事などが出てくると思う。
・「ふるさと納税」。
・松本「ちょっとケツ見てもらっていいですか?」。

memo 今週の一曲

383_3 『座頭市』 勝新太郎

実況録音盤!歌いまくる大映スター(紙ジャケット仕様) Music 実況録音盤!歌いまくる大映スター(紙ジャケット仕様)

アーティスト:オムニバス,姿美千子,勝新太郎,藤巻潤,渚まゆみ,本郷功次郎,三条摩子,八泉鮎子,江波杏子,南州太郎,平泉征
販売元:Pヴァイン・レコード
発売日:2007/09/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

memo 雑記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

放送室 第376回 2008年12月13日

PhotoPhoto_2 「わ~どうも~、松ちゃんハイスクールです」

「どうも~、効いたよね、早めのタカスン

memo 内容

・松本「そういえばもう、高須さんも誕生日が近くて、48歳.....」高須「45です、あんたといっしょやsign01annoy」。
・去年と今年と、笑ってはいけないの疲れ具合が違う山崎。
・「浜田さんは遠くの楽屋まで笑い声が聞こえますね」。
・松本はトークの事故もちゃんと処理している。
・綾戸智絵のダウンタウンのイメージ。松本⇒子供、浜田⇒それを見守る大人。
・「EXテレビ」での西川きよし。浜田のパネルに「頑張れよ~、我慢せぇよ~気持ち解るぞ~」
・陰口言って、本人目の前に言わないのは松本のポリシーに反する。376
加齢臭を抑える「柿渋石鹸」が20万個の大ヒット。
・松本の家には芳香剤がない。
・トイレの水垢。
・登山をしようかと思っている高須。
・完全に悶えている加圧トレーニングの女。
・ベンチプレスで今までにない力を使ったら、イボ痔が出てしまった。
・ゴルフ18回で100を切った高須。
・来年は「笑ってはいけない」をやめないと、高須の秋がない。
・女性のタバコは嫌nosmoking
・「パパと呼ばないで」では、チー坊の前でタバコを吸うシーンが多い。
・純粋なウイスキーと、そうでないウイスキー。

memo 今週の一曲

376 『私鉄沿線』 野口五郎

ゴールデン☆ベスト Music ゴールデン☆ベスト

アーティスト:野口五郎
販売元:ユニバーサル インターナショナル
発売日:2003/11/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

memo 雑記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

放送室 第375回 2008年12月06日

Photo_3Photo_4「あ~どうも~、松ちゃん・イズ・オーバーで~す」

「どうも~、私は高須になりたいです」

memo 内容

・高須、浜田、松本の3人で脳内年齢を比べたら、松本が1番しっかりしてる?。
・「とん.....天然度合いが.....」。
・最近加圧トレーニングをしている松本。
・DXではけるときに、浜田がコケた。
・雨の日に松本が渋谷ビデオスタジオに入るときに、ぞうりで滑ったのはカッコ悪かった。
・浜田の顔面の質感はバサバサ。キャッチャーミットにしか見えない。
・「ガキ」終わりに走って帰ると言ってジャージで来たのに、タクシーで帰った山崎。
・「笑ってはいけない」の収録後から寒くなって助かった。
・「青汁かいな」。
・「笑ってはいけない」は最初に走りすぎたけど面白かった。
・芸人の名前を間違えやすい。
・松本「メガネがズレたんかなと思うから.....」高須「逆にメガネだけにかけてったんだけどね」。
・映画も峠を越えた。2/3が終わった。
・"7オクターブの弱音"。
・日テレとテレ東が赤字。大阪は全局赤字。
・7時代がニュースだらけ。
・ダウンタウンは漫才を変え、コントを変え、すべらない話でトークを変えた。
・「光聖高須のバカ正直な話」。
・24畳タイプの加湿器をリビングに3つ置いてる。湿度計が気になってしょうがない。
・加湿器はカビ易い。
・東京に暮らし始めた小杉。
・「笑ってはいけない」の打ち合わせに来たタレントは不安がる。
・上手くいったうれしさのため、なかなか帰らない笑瓶さん。「テンポ良かった」。
・ナイツが「M-1」優勝候補。
・高須、尼の同窓会に帰れなかったから、写メを送ってもらう。

memo 今週の一曲

375 『赤とんぼの唄』 あのねのね

あのねのねのヤンニャン豪華な大全集(DVD付) Music あのねのねのヤンニャン豪華な大全集(DVD付)

アーティスト:あのねのね
販売元:ユニバーサル シグマ
発売日:2005/06/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

memo 雑記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

放送室 第362回 2008年09月06日

Photo_3Photo_4「あ、どうも~、松ちゃん地球環境大臣です」

「セックス・アンド・ザ・ミツヨシティです

memo 内容

・高須「出だしは、よ~やってますわ話ですな」。
・単細胞。
・乗り物酔い。
・浮き輪で遊んでて酔ってもどした事がある松本。
・人間以外で生まれ変わるなら?。サイのような鎧的なものがある動物になりたい松本。
・サイ最強説。
・チョーさんの入れた丑の刺青。松本「ハナマサのような(笑)」。
・今日は45歳の誕生日なのに.....。
・負けず嫌いのサットン。
・アキの方言。「チョカッテル」。
・浜田の「トンコビッタ」はおかしい。浜田は鹿児島。
・大阪の「ツブレル」の意味は「壊れる」。
・「ホタエル」と「チョケル」、「イチビル」の違い。
・夢占い。ナベアツと二人きりになったら博多弁で話し始めた夢を見た松本。
・歯ぎしりとイビキ。浜田も歯ぎしりがひどかった。
・負けた選手のそれから。
・ポークカレー。
・盗撮を買い取って使う報道。

memo 今週の一曲

362 『夜明け』 松山千春

松山千春 スーパー・ベスト・コレクション Music 松山千春 スーパー・ベスト・コレクション

アーティスト:松山千春
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005/10/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

memo 雑記

鹿児島でも「トンコビッタ」は聞いたことがないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧