« 放送室 第136回 2004年05月06日 | トップページ | 放送室 第138回 2004年05月20日 »

2004年5月13日 (木)

放送室 第137回 2004年05月13日

Photo_3Photo_4 「どうも~、松ちゃんエクストラライトで~す」

「どうも~、高スタローンで~す」

memo 内容

・GWは何故混むと解ってるのにどこか行くの?。
・誰が男のために何かしてくれるのか。
・なんで二人乗りであんなに警察に怒られてたのか。
・子供の頃GWが無かった高須。
・松本を育て上げた値段はおそらく5、60万。
・松本の筆箱は"そんなヒーローおらへんヒーローの筆箱"。
・勉強机は親父が拾ってきた。
・高須が思い出す松本の服は、前が紺で後ろが白のパンタロン。
・高須「尼崎で知っている一番ひどい家は浜田だった」松本「いや、森岡やって」。
・寝てる間にイタチに鼻かまれたカマ子。137
・森岡の妹のテニススコートを履いていた。たまにサンバイザー付き。
・ほんまに衣笠そっくりだったカマ子。
・シマズエのオカンは年をとっていた。
・背中に板を入れていた女の子に、クリーニング屋のシバシナエのところに行けと言った。
・成績の悪いSさんの隣の席になって泣いた内田。137_2
・フッコ「一人班がいいと思います」
・2回ボットン便所に落ちた女の子。1回はフッコが落とした。
・松本が担任だったら、1回みんなをトイレに落とす。松本「まあ、●●は2回だけどな」。

memo 今週の一曲

137 『ちっぽけな感傷』 山口百恵

GOLDEN☆BEST/PLAYBACK MOMOE part2 Music GOLDEN☆BEST/PLAYBACK MOMOE part2

アーティスト:山口百恵
販売元:ソニー・ミュージックハウス
発売日:2002/06/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

memo 雑記

|

« 放送室 第136回 2004年05月06日 | トップページ | 放送室 第138回 2004年05月20日 »

第100回~第149回」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1090437/24058165

この記事へのトラックバック一覧です: 放送室 第137回 2004年05月13日:

« 放送室 第136回 2004年05月06日 | トップページ | 放送室 第138回 2004年05月20日 »